コラム

2017.05.01

「ライフワークを楽しむ家」の建て方が、スタートしました。

20170519_093735.jpg

五城目で、建て方が、スタートしました。広い敷地にゆったりと楽しく暮らす家、そして、ライフワークを楽しむ家をコンセプトに設計をしました。秋田杉の香りの中で、大きな屋根付きウッドデッキや二階リビングで自然を満喫しながら暮らす家では、きっと、家族全員が、心も体も元気になっていくと思います。

2017.04.09

見学会は、4月末まで毎週土日開催してます。

IMG_3875.jpg

八橋大沼町で開催中の住宅は、秋田杉と塗り壁の外観でシャープなイメージになっています。中庭と前庭をこれから作庭しますが、見せる、遊べる、楽しめる庭が、良いと思います。ところで、最近、庭木のない家、樹木のない街路が多くなり、街並みが、寂しくなったと感じがするのは、私だけでしょうか。「もっと、街に緑を!」
マリマリの広告です。4.28付NO.1.pdf

2017.04.09

築10年目の住まいと愛犬

IMG_3925.jpg

住宅の築十年目というと、そろそろ、リフォームを考える時期ですが、私の自宅は、10年目を迎え、秋田杉の外壁や板塀は、ちょうどいい感じのグレーが混ざり、塗り壁との相性もよく、古い雰囲気を醸し出しています。この庭は、手のかからないように落葉樹を何本か植え、敷地には、コケが生えています。また、ウッドデッキは、屋根がかかっていないため、雨や雪が、直接あたる過酷な状態ですが、このセランガンバツというデッキ材は、腐れもなく大丈夫です。人間と同じで、若く(新しく)てきれいな人(家)が、老いて(古くて)も、趣のある人(家)になる「経年美」のある家が良いと思います。

2017.03.30

日々の暮らしに欠かせないもの

!cid_656D2321-57C1-4D63-9F16-31099F690626.jpg

質素、簡素、素直など、「素」とは、手を加えていないそのものであり、自然そのものということになります。
それは、物・事・人にとって、とても大事なことであり、素材が悪ければ、なかなかうまくいきません。
この写真の家具は、すべて無垢の木の素材を使い、素材を生かした美しさや心地よさを醸し出しています。
ですから、住まいも、素材を吟味してつくる、心地よい暮らしのできる家がいいと思います。

2017.03.19

家事とインテリア

!cid_F6663CBC-975C-484C-8912-155431913322.jpg

いつも、プランニングの段階で「洗濯物をどこに干すか?」ということを考えるのですが、子供が小さいときや、ペットがいる場合、「家事とインテリア」を融合できればいいなあと思います。
素敵なインテリアは、どうしても非日常的になりますが、その非日常と日常を融合したインテリアにすることで、楽しい家事や、暮らしができると思います。
ちなみに 写真のリビングは、介護2の老人と働き盛りの娘と夫婦と愛犬の5人(?)家族と、急に人数が増えて、室内干しスペースが、足りなくなった我が家です。

2017.03.08

愛犬シンジローは、生後6ヶ月になりました。

!cid_DB59B177-6994-4A2D-BA44-A316F700EA8E.jpg

写真は、私の愛犬、シンジローです。自宅のソファーで、くつろいでいます。
隣のぬいぐるみは、「タンタンの冒険」に出てくる「犬のスノーウイー」です。
昨年の12月に家族の仲間入りをしたときは、このぬいぐるみの半分ぐらいの大きさでした。
まだ、体重は、4kgぐらいですが、とても活発に家の中を走り回っています。
お散歩デビューは、3月下旬頃になりそうです。

2017.03.04

新築完成見学会の写真①(アイランドキッチン)について

!cid_10C53FBD-191A-40CB-A95F-C48B3076D28E.jpg

最近、人気のあるアイランド型キッチンは、テーブルと一体型が多いようです。
写真の、今回、秋田市八橋大沼町で、完成見学会をおこなう会場のキッチンも、
(キッチンとダイニングのペンダント照明は、まだ、設置されていません)
テーブル、収納家具、キッチンが、一体型になったビッグキッチンになりました。