リノベーション

油田の家

「ペットと一緒に楽しく暮らす家」

築38年の住宅の屋根を残し、それ以外はすべて全面リフォームしました。
オール電化とすることで、安全で快適な住いに変身させることにしました。

しかし、実際に解体をしてみると、
土台以外はほとんど古材(一度使った材木)を使用していたため、
私たちは、新しい「柱・梁・構造材」で、弱い部分はすべて取替えました。
補強したうえに、耐震金物や耐震パネルで建物の耐久性を高めました。

また、基礎コンクリートの外周には、
アラミド繊維の補強材を貼り付け、耐久性を高めました。
内装の仕上げには、桐・スギ・コルク・サイザル麻などを使い、
明るく爽やかな空間になりました。