コラム

2016.10.24

長期優良住宅「スラブ暖房の家」の床下に炭を塗りました。

八橋の家床下.jpg
明日から、建て方がスタートする「八橋の家」の床下に、炭をぬりました。
暖房の家の床下は、ベタ基礎のコンクリートが、温まり、その輻射熱が、建物本体を暖めてるので、
炭の様々な良い効果を活用することで、室内に秋田杉、青森ヒバの香りとともに心地よさを醸し出します。
今回の外旭川の完成見学会で、その完成したものをご体感できます。