コラム

2014.03.19

久々の「おひさま」です。

おひさま.jpg

今朝、秋田では、久々の太陽でしたので、うれしくなって写真に撮ってしまいました。
大きな太陽から感じる温もり、まぶしさ、香りは、もうすぐ訪れる「春」を予感させます。
そして、長い冬を終え、雪が解け、草花や虫、鳥や生き物の息吹を感じます。
秋田の人は、春を「輝くように美しい」と言われます。
それは、長く辛い冬を暮らしてきたからこそ、感じる言葉そのものだと思います。