コラム

2009.08.10

秋田杉でつくる木の家 いよいよ着工

%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD%E3%80%80%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%8E%EF%BC%98%EF%BC%8E%EF%BC%99%20008.jpg

地縄を張り、建物の位置を建主様と確認し、正午の時刻に合わせ、地鎮祭を開催しました。

なぜ正午かといいますと、「赤口」という日で、吉の時間が、正午だったからです。

意外と、縁起を気にしたりしますが、何事も、日を見て、ひととおりの儀式を行い、心を清め、

感謝することは、良いことだと思います。

このあと、土地を鎮める「鎮め物」を神主さんから預かり、基礎工事の時に 土の中に埋めます。

今回の地鎮祭の祈祷の時に 一番落ち着いて見ていたのは、なんと、乳母車に乗った、建主様の赤ちゃんでした(笑)。