コラム

2008.06.30

インテリア

収納について

住宅の中で、重要な部分に収納がありますが、その収納を考えるとき、「誰が」「いつ」「どこで」「どの程度」使用するのかを考え、それを見せておくのか、隠すのかを決めて、収納家具の造作工事をします。

また、収納するものには、寸法、重量、数量、収納するときの状態(吊るすのか、たたむのか、重ねるのか、など)を考え、そこに住む人のサイズや生活習慣に合わせ、使い易いように工夫します。

ですから、造作収納を作る際には、そのことを事前によく打ち合わせをして、何をどうしたいかをしっかりとアピールして、あとは、専門家にプラン提案してもらうことが、良いと思います。

家具は、住宅にとって、なくてはならないもの。
そして、その家具をどのように配置して、どのように使うのかによって、生活スタイルが、大きく変わります。

置き家具でも、造り付けの家具でも、実用を兼ねたインテリア性の高い家具を設置したいものです。