コラム

2007.06.10

日々

いよいよ、夏本番に向かいます

今年は、暖冬ということで、過ごしやすく、暖かい日々が続きましたが、そのような時でも、リフォーム工事を冬の時期に行なう方は、そんなに多くありません。特に外回りなどは、雪や温度の関係で、急に施工できない時もありますので、効率の悪い仕事になってしまいます。
そのため、リフォームを含む建築工事は、天候に大きく左右されますので、その点を考慮して、現場の工程や年間工事計画を組んでいかなければ、無理無駄が、多くなってしまいます。
私達は、お客様に対し、住宅を全面的にリフォームする場合の打合せには、少なくても3ヶ月から6ヶ月、そして、工事期間は、約3ヶ月程度かかります。と、ご説明しています。そして、完成日を決めて、逆算して、着工日を決め、そして、打合せを行なっていきます。
秋田の場合、雪がとけ、4月着工から始まり、年内完成期限の9月着工までに行なえる工事数は、設計監理・現場管理を考えると、やはり、限界があります。しかし、お客様には、新しい住まいで、健康で、快適に過ごしていただかなければなりませんので、常にお客様とその建物を心配し続け、最高のアイデアで、最高の仕上がりにしななければなりません。忙しいことは、ちょっと大変ですが、でも、この仕事をさせていただけることは、とても幸せです。
ですから、「家作り=幸せ作り」をさせていただくといったチャンスを与えていただいたお客様には、本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。これからも、もっともっと、喜ばれる家づくりに精進してまいりますので、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。