コラム

2006.08.29

日々

経営計画と会社理念

昨日は、秋田県庁の東庁舎で、「平成18年度経営改革綜合支援事業」の二次審査のためにプレゼンテーションを行なってきました。今回のテーマは、企業の体質改善についてです。やはり、会社は、常に進化し成長していかなければ、老化し衰退し消滅してしまいます。そのため、過去と現状と未来を見据えた経営計画が、必要になります。
今回は、助成金を受けれる中小企業支援センターに事業計画の申し込みをしておりましたら、一時審査がとおり二次審査を受けました。プレゼンテーションということで、8人の審査員と7人のオブザーバー、計15人の前での発表は、少し緊張しました。(なんと、やっとの思いで、パワーポイントで作った資料が、パソコンの具合が悪く、紙資料での発表になり、大変でした・・・残念)
弊社は、大正5年の畳業からはじまり、今年で、90年目になります。最近では、企業の寿命が、30年とも言われ、新しい企業が、簡単に生まれては消えていく時代になりました。しかし、会社経営をしていくことは、お客様がいる限り、存続していかなければなりらないし、そのことが、お客様、社員、取引先に対する使命だと思います。
住宅リフォーム業は、10年前は、まさに「成長期」であり、「普及期」でした。それまでは、リフォームというと、「クレーム産業」といわれ、「工事費がいくらかかるかわからない」「どこに頼んでよいかわからない」「細かくて頼みずらい」「頼んでも来てくれない」と言った苦情が多くあり、その点を改善した、「リフォーム会社」が、急成長しました。
しかし、現在は、そのリフォーム業は、「成熟期」となり、「選択期」となり、様々な業者が、リフォーム業に参入してくることで、需要が、供給を上回っていた時期から、一変して、供給が、多くなり、お客様が、会社を「選択」する時期になりました。そうしますと、やはり、サービスの点では、「本当にお客様のことを考えてくれる会社」、そして、技術の点では、「お客様の好みに合った仕上げをしてくれる会社」に依頼がいくことになります。
そして、そこには、「価格」ではなく、「価値」が、重要になってきます。つまり、「安もの買いの、銭失い」とならないように、私達は、お客様に対し提供する住まいの「価値」が、「価格」を上回るものを作成しなければなりません。価格だけで決めてしまい、「安いから」しかたがないか?と言われないようにしなければなりません。
そして、また、建築業には、「社会的責任」というものもあります。お客様の安全と健康で快適な暮らしをサポートし続けなければなりません。住宅リフォームから建替え、そして、新築まで取り扱う会社として、弊社の会社「理念と社是」も、それにより進化しました。
会社理念と社是 「シンプル・スピード・クオリティ」
建築サービス業の村上商店は、社会に愛される会社をめざし、地域の発展と愛するお客様と誠実な社員のために健康で快適な空間を創造し、住まいに夢と安心を提供し続けます・・・がんばります。