コラム

2006.08.21

日々

住環境福祉コーディネーター

皆様、猛暑お見舞い申し上げます。毎日毎日、35度前後の高温が、続きます。やはり、この暑さは、どんな人にも、大きく体力を消耗させますので、栄養補給、睡眠には、十分気をつけて、乗り切っていただきたいと思います。
さて、合格しました。「福祉住環境コーディネーター2級」に初挑戦して、なんとか、資格を取得いたしました。全国の受験者数は、2万4千370名で、そのうち、合格者数は、7千207名ということで、なんと、合格率29.6%の狭き門でした(なんちゃって・・・)。
毎朝、1時間から30分間、3ヶ月間勉強しました。そのため、早朝ウォーキングや、早朝に書くブログが、おろそかになり、運動不足や、寂しいブログになってしまいましたが、合格して、ゆっくりしましたので、また、はじめようと思います。
今回合格した「住環境福祉コーディネーター」とは、病気をもつ高齢者や障害者の方々やその家族のために、安心して暮らせる住空間を提案し、提供するのが、仕事です。そして、それは、保険、医療、介護、建築だけでなく、地域全体で取り組むノーマライゼーションの地域社会づくりに貢献することを目指します。
また、私たちが、リフォームや新築の建築業として、いつも行っている、ライフスタイルの提案ということを福祉にあてはめ、「住環境福祉コーディネーター」として、高齢者や障害者の方々に「住まい」に合わせた暮らしから、「暮らしに合わせた住い」の発想の転換をしていただき、だれも安心して暮らせる「福祉住環境づくり」を目指します。
合格通知とともに大量のセミナーの案内も届きました。資格をとっても、それを生かす仕事ながなければ、意味がありませんし、また、資格を取得しても、勉強しないでいると忘れてしまいます。つねにスキルアップし続け、お客様に喜ばれる仕事をしてまいりたいと思います。資格をとってからが、本物の勉強です。がんばりたいと思います。