コラム

2006.06.14

日々

デンマーク・コペンハーゲンについて

5月31日から6月8日まで、北欧の国、デンマークの首都コペンハーゲンとアンデルセンの故郷、オーデンセ、そして、スウェーデンのストックホルムに行ってきました。コペンハーゲンは、山や丘のない平らな土地ですので、街のどこにでも自転車専用道路があり、通勤通学の時間帯になると、たくさんの市民が、猛スピードで走っています。
そして、環境国ということで、発電は、風力発電であり、また、水道水は、地下水だそうです。そのため、建物の外回りには、有害な物質を含んだものを使用できない法律が、あるそうです。

とにかく、食べ物は、とても質素な感じがしました。パンとチーズとハムが、主食で、あとは、ニシンの酢漬けというものが、有名でした。しかし、毎日、毎日、同じような料理でしたので、日本料理の種類の多さ、素晴らしさを身をもって感じました。

また、ホテルの近くの船着場では、観光客や地元の市民の憩いの場として、外に出て、食事をしたり、ビールを飲んだりしていました。
北欧の国は、長い冬があるからでしょうか、短い春から夏にかけて、とにかく、外に出て、日光浴をしている人を多く見かけました。