コラム

2006.05.29

日々

北欧に行ってきます。

久々のブログになりました。私の場合、寒い冬の期間には、ウォーキングもできないので、家の中で、早朝にゆっくりとブログを書くことが、楽しみであり、日課になっていましたが、最近、暖かくなり、外に散歩に行く時間と、読書の時間と、朝食を作る時間とで、慌しくなり、その時間をつくることが、できなくなってしまいました。
そう考えると、やはり、秋田の冬は、11月から寒くなり、雪が降りはじめ、4月までストーブを離せない、なんと6ヶ月(半年間)もあるんだなあ、といつも感じてしまいます。
ですから、秋田での春の暖かさ、夏の開放感、そして、美しい紅葉と実りの秋が、短い期間ですが、どこよりも、とても美しく感じます。

さて、いよいよ、あさってから、北欧のデンマークとスウェーデンに行ってきます。そして、実際に北欧の建物や家具、自然や歴史を実際に体感してきます。デンマークは、デザインの国です。

そして、首都コペンハーゲン出身の建築、家具、食器からテキスタイルまで手がけたアルネ・ヤコブセンは、あまりにも有名なデザイナーです。
日本とは違う、文化、風景、デザイン、きっと、「秋田と北欧について」、何かを発見し、感じてこれると思います。