コラム

2006.04.26

日々

今週末に見学会開催!

いよいよ、4月29日(土)、30日(日)、秋田市濁川字後田65-53にて、今年、初めてになる「リフォーム完成見学会を開催します」。

今回の住宅は、築28年なる「2×4住宅」です。2×4構造は、プレハブ構造とも言われ、壁面で全体をつくられているように思ってしまいますが、実際には、在来工法と同じように柱も梁もあります。

しかし、それをつなげる「部材や金物」が、違います。また、在来工法と違い、木組やボルトで、土台や柱をつなげて、骨組みをつくるのではなく、2インチ×4インチの構造材と構造用合板を使い、指定のクギで、打ち付けていくスタイルです。ですから、そのクギは、ものすごい量になります。

日本には、昔から「伝統工法」という「木組み」の建て方が、あります。しかし、それは、熟練を要しますし、大工さんの腕に差が出ます。そのため、最近では、「構造用金物」を使い、難しい木組みの部分を補います。ですから、伝統工法と現代工法の混合した住宅が、一般的です。

今回のリフォームは、この2×4「ツーバイフォー」住宅と在来工法の混合住宅になりました。2×4の良いところ、在来の良いところを生かしながら、気持ちの良い室内空間を実現しました。是非、実際に「見学会場」にて、「体感」してみてください。

今回のリフォーム完成見学会のお宅の写真です。桐と杉をふんだんに使いました。
1Fの全面リフォームにより、「光」と「風」と「ぬくもり」の住宅に変身しました。<

このほかに水周り「浴室・脱衣室・キッチン」もリフォームしました。是非、ご来場ください。お待ちしております。