コラム

2006.04.10

日々

無垢材の復元力

無垢のスギは、自然の温もりがあるのですが、柔らかいので、キズが付きやすいと言われます。しかし、少しぐらいの「へこみ」なら、お湯や水蒸気を使い、木自体に水分を含ませ、膨らまして復元することができます。
今日は、現在展示中の牛島の家の廊下に「へこみ」を発見しましたので、私が飲んでいた、イタリアのペルージャ地方で湧き出た水「ロケッタ」をティシュペーパーに含ませ、10分程度置きましたら、なんと!ほとんどキズが、見えなくなりました。
実験1←「写真の真ん中にキズの部分が見えます」 
実験2←「水を含んだティシュを置きます」
実験3
↑「なんと、キズが、完璧ではありませんが、ほとんど見えなくなりました、マジックではありません」
そして、もし、大きな傷がついたとしても、無垢材なら、同じ種類の木を埋めることで、補修がききますし、節目なら、抜けたりするのが当たり前で、それが、本物の木の良さでもあります。
子供たちには、「キズ」が付くことを恐れずに、本当にこの本物を楽しんでもらいたいと思います。